2006年11月22日(水)から25日(土)
「東京国際家具見本市・International Furniture
Fair Tokyo 2006」に新作を出展いたしました。




「クミコ」
大川組子は約300年の歴史を誇り、200以上もある伝統的な組方は、より繊細なものとして
今日に伝承されています。そして組子をより演出するために、現在もっとも注目されている
ゼブラウッド突板で表現してみました。その名のとおり、美しい縞杢・シマモクが魅力的です
「伝統とモダン」の融合美をお楽しみ下さい。

テレビボード・キャビネット・センターテーブルを展示いたしました。









「カーム」
ダークな色調のウォールナット材とナチュラルな色調の桜材の組み合わせ。
無垢材ならではの素材をひきたたせ、節を生かすことにより
「自然な風合い」を演出しました。

テレビボード・ミドルボード・キャビネット・センターテーブル
リビング5点セットを展示いたしました。





  (C) 2005.Maruta inc. All rights reserved.